今日の日経平均【始値 → 終値】AI予測

当サイトは、AIを用いて日経平均株価を予測する実験を行っています。(以降、本AIを「225AI」と呼びます。)

このページで掲載する内容は、株を購入したその日に売却する、いわゆる「デイトレード」(日計り)を活用した取引です。

難しいファンダメンタル分析やテクニカル分析は一切行いません。

なお、いままでの本投資法による成績(昨日まで)は下記のとおりです。『成績の詳細はこちら』

  • 戦歴:999戦536勝
  • 勝率:53.7%
  • 増減:+15,965 円(日経平均株価ベース)
  • 90万円投資(信用取引)の場合:+827,758 円の利益
  • (2023年1月10日からは委託保証金率引上げのため投資額を2倍とする)
寄りで買って引けで売るAI予測

投資は、日経平均株価予測AI(以降「225AI」とします。)「225AI」の『上昇 / 下落』予測を参考に、ETF (NEXT FUNDS) 日経平均レバレッジ上場投信【1570】または、ETF (NEXT FUNDS) 日経平均ダブルインバース上場投信【1357】を売買するのが基本になります。

225AIが『上昇』を予測したら【1570】を寄付で成行買いをし、その日の大引けに成行売り(引け成り)をします。

225AIが『下落』を予測したら【1357】を寄付で成行買いをし、その日の大引けに成行売り(引け成り)をします。

なお、私は普通のサラリーマンなので、売りたいときも仕事中です。そのため、証券会社のスマホアプリで朝イチに自動売買を設定して、あとは帰りの電車の中で結果だけ見る毎日を過ごしています。

以降、本投資法の参考データと、225AIの予測結果を掲載します。

NYダウ平均株価

  • 始値:
    39,695.18
    ドル
  • 終値:
    39,753.75
    ドル
    (前回差 +32)
  • CFD:
    39,803.20
    ドル
    (当日7:00時点)

ナスダック100指数

  • 始値:
    20,661.41
    p
  • 終値:
    20,211.36
    p
    (前回差 -464)
  • CFD:
    20,227.60
    p
    (当日7:00時点)

S&P 500

  • 始値:
    5,635.21
    p
  • 終値:
    5,584.54
    p
    (前回差 -49)
  • CFD:
    5,587.90
    p
    (当日7:00時点)

DAX 30

  • 始値:
    18,409.70
    p
  • 終値:
    18,534.56
    p
    (前回差 +127)

FTSE 100 (UK100)

  • 始値:
    8,193.51
    p
  • 終値:
    8,223.34
    p
    (前回差 +30)

為替レート

  • USD/JPY:
    158.95
    (当日7:00時点)
  • EUR/JPY:
    172.71
    (当日7:00時点)
  • EUR/USD:
    1.0867
    ドル
    (当日7:00時点)

日経平均株価

  • 始値:
    42,343.72
  • 終値:
    42,224.02
    (前回差 +392)
  • 前回:
    41,831.99
    (上下 +252)
  • 前々回:
    41,580.17
    (上下 +799)
  • CFD:
    41,593.00
    (当日7:00時点)
  • 5日移動平均:
    41,465.85

日経平均株価と上下の節目

225AIによる本日の日経平均株価予想

7月12日のデータを掲載

日経平均の始値から終値までのAI予測結果の表示は有料となります。

現在までにおいては、AIが示す「上昇・下落」のとおりに投資をしていれば利益は出ています。しかし、今後もこのまま利益が出続ける確証はありません。また、225AIは突如現れる大きな経済変動や地政学的リスク等を理解できません。それらの外乱も含めた実験データの掲載が当サイトの主目的です。そのため、最終的な投資判断は必ずご自身で決定してください。

これらの主旨をご理解いただき、それでも課金をしてくださる方は、noteに記録したデータをご覧ください。
なお、課金システムはnoteをそのまま使用しているため、セキュリティ面は安心です。 また、noteはユーザ判断による返金機能も備わっていますので、何かあった際は躊躇せずそれをご利用ください。

【課金について】
当初、予測結果は無料で公開していたのですが、googleのAI使用料が1回に3000円ほどかかり、私の資金が底をついてしまいました。それでやむなく「課金」というスタンスを取らせていただきました。申し訳ございません。

なお、AI予測は下記のようなスタイルで掲載します。

日経平均株価のAI予測

日経平均終値予測: 12,345

日経平均(始値 → 終値): 上昇

市場心理値 : 1.2

※ 上昇・下落を当てることが主のため、終値は目安程度の数値です。

※ 市場心理値とは

225AIにより、始値から終値にかけての価格変動予測をRMSE(平均平方二乗誤差)またはMAE(平均絶対誤差)で最適化し、市場の心理を数値化したものです。
0は上下の方向感がないことを示し、数字が大きいほど方向感があることを示しています。

以前はこの数値を「自信値」と仮定していたように、これが極端に低いときはAIにとって自信がない状態です。 それでも、AIは上昇か下落の2択を判断しなければならないため、「強いて言うならば下落か…?」といったような弱気な予測となります。

なお、市場心理値が極端に高い場合は、市場に大きな方向感がある場合です。
しかし、市場心理値が高ければ高いほど当たりやすいというわけではありません。市場心理値が高すぎると、始値の時点で上値(または下値)に大きく振れて開始することが多く、そこからは利確などで市場の方向感が逆向きとなるパターンもあります。

これを端的に言うと「市場心理値が低すぎる場合や高すぎる場合は、市場開催中の心理がブレやすい。」と言うことになります。
ただ、225AIの過去の成績を見るとわかりますが、ブレやすい心理状態にあっても当たる確率の方が高いことは確かです。

ここからは経験上の話ですが、市場心理値が低い場合は市場開始後(9:00以降)に方向感が定まりやすく、同値が高い場合は市場開始前(9:00以前)に既に方向感が定まっている傾向があります。
225AIにはそのあたりも学習させていますが、心理は常に動いており、それを的確に当てられるわけではありません。

以上のように、市場の心理を数値化することで、その値により投資額を変更したり、トレードそのものを避けたりするなど、リスクの回避に役立てることが出来ます。
なお、相場の流れなどにより心理は流動的であるため、市場心理値には一意的な適正値はありません。ですが、私の経験上から5を下回る、または50~70程度を上回るぐらいから外す確率が高いように思えます。

今日の予想レンジ

日経平均株価の予想レンジから算出した、今日の日経平均レバレッジ【1570】と日経ダブルインバース【1357】の予想レンジは下記のとおりです。

  • 【1570】 ・・・ 32,770 – 33,220円
  • 【1357】 ・・・ 119 – 120円

12日の東京株式は反落後、落ち着きどころを探る展開か。日経平均株価は、きのう11日に大幅続伸し、連日で終値ベースの史上最高値を更新していた反動から、売り先行スタートとなろう。売り一巡後も、週末要因や海の日で3連休となることから、手じまい売りに押される場面も想定される。為替相場は、ドル・円が1ドル=158円台の後半(11日は161円62-64銭)、ユーロ・円が1ユーロ=172円台の半ば(同175円19-23銭)と円高に振れている。輸出関連銘柄には、重しとして意識されそう。11日のADR(米国預託証券)は円換算値で、アドバンテス、東エレク、ソフバンGなどが、11日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、11日の大阪取引所清算値比810円安の4万1560円だった。(高橋克己)
【Wealth Advisor】
 東京市場は軟調か。米国株はまちまち。ダウ平均が上昇し、S&P500とナスダックが下落した。ダウ平均は32ドル高の39753ドルで取引を終えた。市場予想を下回る6月消費者物価指数(CPI)を受けて、10年債利回りが大きく低下。これを受けて不動産株などには買いが入ったものの、半導体株などハイテク系のグロース株は利益確定売りに押された。エヌビディアは5%を超える下落となっている。

 米金利低下を受けてドル円は円高(ドル安)に振れており、足元では159円10銭近辺で推移している。発表直後には157円台に突入する場面もあり、振れ幅の大きさから為替介入を指摘する見方もある。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて810円安の41560円、ドル建てが765円安の41605円で取引を終えた。

 米長期金利の低下に対して、エヌビディアなどの主力グロース株が売りで反応してS&P500やナスダックが下落したこと、為替のボラティリティが大きくなったことなどから、日本株は大きく水準を切り下げる展開を予想する。日経平均はここまで大きく上昇しているだけに、利益確定売りでも下に値幅は出るだろう。本日、米国では6月生産者物価指数(PPI)の発表があるが、CPIを受けたマーケットの反応から、弱い結果となった場合には、さらに円高が進むとの警戒も強まる。足元の動きが良かった銘柄が売りに押されることで、場中は下押し圧力の強い地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは41200円-41800円。
【トレーダーズ・ウェブ】
きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反落すると想定されている。米国市場でハイテク株安となったことを嫌気する動きが先行しそうだ。為替が円高に振れていることも、投資家心理の重しになりやすい。このところ急ピッチに上昇してきた反動で、利益確定売りが優勢になるとみられている。日経平均の予想レンジは4万1400円─4万2000円。指数への寄与度の高い半導体関連株やハイテク株を中心に売りが先行しそうだ。米国では物価指標でインフレの鈍化傾向が確認されたが、利益確定売りが強まってハイテク株比率の高いナスダック総合やフィラデルフィア半導体指数(SOX)が下落しており、投資家心理の重しになる。米消費者物価指数(CPI)の発表を受けて長期金利が低下。銀行や保険といった金融株の逆風になり得る。ドル/円は円高方向に振れており、輸出関連株を中心に嫌気されそうだ。昨晩のドル/円は一時157円に急落する場面があった。背景として為替介入の観測もあり「円安は株高の歯車の一つとなってきただけに、株式市場では引き続き警戒感が出やすい」(SBI証券の浅井一郎投資情報部次長)との声が聞かれる。一方、足元でドル/円は159円台へと徐々に水準を戻してきている。「為替の動向次第では、株価は売り一巡後に下げ渋るかもしれない」(浅井氏)との見方もある。米国で発表された6月の米消費者物価指数(CPI)は前月比でマイナス0.1%と予想外に減少した。前月比マイナスは2020年5月以来約4年ぶり。ディスインフレが確実に軌道に戻ったと受け止められ、利下げ期待が高まった。米国市場ではナスダックが大幅安となり、S&P総合500種も下落した。ダウ工業株30種は小幅高で引けた。インフレ鈍化の兆しにもかかわらず大型株は売られた一方、利下げで中小企業の環境が改善するとの期待から中小型株に資金がシフトした。きょうは国内でイオンや良品計画が決算を発表する。米国では6月卸売物価指数や7月ミシガン大消費者信頼感指数速報値の発表があるほか、シティグループやJPモルガン・チェースなどの決算発表がある。
【ロイター通信】
 12日の東京株式市場は主力株をはじめ広範囲に売りが広がり、日経平均株価は大幅反落を余儀なくされそうだ。外国為替市場で急激な円高が進行しており、これがハイテクセクターを中心に利益確定売りを誘発することが予想される。前日の欧州株市場はドイツやフランスを筆頭に全面高商状となり、ここまでは世界同時株高の流れが続いたが、米国株市場ではハイテク株に利食い圧力が顕在化した。日本時間昨晩に発表された6月の米消費者物価指数(CPI)の内容が総合指数、コア指数ともに市場コンセンサスを下回る内容だった。これを受けてFRBによる9月利下げの可能性が高まったとの見方が広がり、景気敏感株の一角に投資資金が誘導され、NYダウは小幅ながら続伸。しかし、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は利食い急ぎで2%近い下落となり、8日ぶりに大幅反落となった。機関投資家がベンチマークとして重視するS&P500指数も反落した。また、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は3.5%安とナスダック指数を大きく上回る下落率となっている。外国為替市場では米CPI発表直後に仕掛け的なドル売り・円買いで急激な円高を誘発。政府・日銀による為替介入観測も浮上するなか、一時1ドル=157円台まで一気に4円前後の円高に振れる場面があった。これを受けて東京株式市場では半導体関連などをはじめリスク回避目的の売りが噴出し、日経平均やTOPIXなど全体指数を押し下げる展開が想定される。日経平均は4万2000円台を大きく下回る公算が大きい。

 11日の米国株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比32ドル39セント高の3万9753ドル75セントと続伸。ナスダック総合株価指数は同364.041ポイント安の1万8283.407だった。

 日程面では、きょうは株価指数オプション7月物の特別清算指数算出日(オプションSQ算出日)にあたる。また、3カ月物国庫短期証券の入札、5月の鉱工業生産指数(確報値)など。海外では6月の中国貿易統計、4~6月期シンガポールGDP、6月の米生産者物価指数(PPI)、7月の米消費者態度指数(ミシガン大学調査・速報値)など。

【みんかぶ】

ハイテク株からバリュー株へのローテーション
[株式オープニングコメント]
 12日の日本株市場は、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開になりそうだ。11日の米国市場は、NYダウが32ドル高、ナスダックは364ポイント安だった。6月の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことから、米連邦準備理事会(FRB)による利下げ期待が高まり、金利動向に敏感な不動産などが買われ、NYダウは終日堅調に推移した。一方で、半導体株への利益確定の売りが強まるなど、ナスダック指数は下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比810円安の41560円。円相場は1ドル159円10銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から、売り先行で始まることになりそうだ。為替市場ではCPIに合わせて介入観測が浮上するなか、一時1ドル=157円台に円高が進行した。日米金利差縮小が意識されるなかでリバランスの動きが強まり、日経225先物はナイトセッションで一時41500円まで売られる場面もみられた。過熱感が警戒されていたが、急ピッチの下落によって先物市場ではヘッジの動きが強まりそうである。

 まずは売り一巡後の底堅さを見極めたいところであろう。これまでの急ピッチの上昇に対する反動安の範囲内であり、押し目待ち狙いの買い意欲は強いと考えられる。米国ではエヌビディアなど半導体株が軒並み売られたほか、アップルやマイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、メタプラットフォームズなど大型テック株も下落しており、日経平均型の重荷になろう。一方で、バリュー株などTOPIX型には買いが入りやすいと考えられる。

 また、ナスダック指数は8営業日ぶりに下落したが、中小型株で構成するラッセル2000は大幅に上昇した。東京市場においても出遅れ感の強いグロース250の動向が注目されそうである。同指数は足もとでリバウンドをみせているが、下向きで推移する75日線に上値をおさえられている。同線を突破してくるようだと、中小型株を見直す動きが強まる可能性はありそうだ。

 そのほか、ファーストリテが上方修正を発表したことから買いが期待されやすく、日経平均株価を下支えする展開が期待される。ハイテク株も売り一巡後の底堅さがみられるようだと、押し目買いの好機との見方に向かわせよう。

《AK》

 
【フィスコ】

 日経平均株価は、昨晩の日経225先物が大きく下げた流れを映して、寄り付き値が下放れて始まる公算です。
 この下げは、勢いの強い上昇途中の小幅調整ではなく、5月20日~30日と同程度の値幅(1820円幅)の調整になると考えられます。下値の目安は、4万0606円前後が挙げられます。
 本日は価格が下放れから切り返しても、11日の安値4万2102円へ届かずに上値を抑えられる公算です。
【伊藤智洋のPower Trend】

参考のために、各社およびアナリストが公開している今日の株式市場の見通しを掲載します。(上記をクリックかタップすることで各社の予想が開きます。)

225AIの予測に合わせて【1570】または【1357】を「寄りで買って引けで売る」デイトレを繰り返し、利益が出るか検証することが当サイトの目的です。しかし、場合によっては、損切ラインを設けたり、上がった時点や下がった時点で売買したいときもあるかと思います。

そして、それらを行うためには、まずは当日の日経平均の見通しを知る必要があります。とは言え、株式サイトの膨大な情報量の中からそれらを探し出すことは、なかなかに手間がかかります。

そこで、ここでは有名な情報サイトやアナリストによる日経平均に係る記事のみをピックアップしてみました。

**【質問内容】**

2024年7月12日(今日)の日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

**【回答】**

**上昇すると思う**

**根拠**

* **前日の日経平均株価が上昇した**:前日の終値が42224.02円と前営業日比上昇で終了しており、上昇トレンドが継続する可能性がある。
* **米国株市場が上昇した**: NYダウは前営業日比上昇、ナスダック総合指数100は前営業日比下落、SP500は前営業日比下落で終了しているが、世界経済のけん引役である米国株市場全体の動きとしては上昇基調にある。
* **為替相場が円安方向に推移している**: 1ドル135円台後半まで円安が進んでいる。円安は輸出企業にとって業績好調につながるため、株価上昇を誘導する要因となる。

**参考情報**

* Yahoo!ファイナンス: [https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O](https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O)
* 日経平均株価ヒストリカルデータ: [https://indexes.nikkei.co.jp/](https://indexes.nikkei.co.jp/)
* ダイヤモンドZAiオンライン: [https://diamond.jp/zai/articles/-/1030262](https://diamond.jp/zai/articles/-/1030262)

**免責事項**

私は、金融商品取引法に基づく投資助言者ではありません。本回答は、私の個人的な見解に基づくものであり、投資判断の材料として利用することは想定されていません。投資判断は、ご自身の責任において行ってください。

**その他**

上記の情報はあくまで参考であり、将来の株価の変動を保証するものではありません。投資には必ずリスクが伴いますので、十分な調査を行った上で、ご自身の判断で投資判断を行うようにしてください。

## 質問内容

2024年7月12日(今日)の日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

## 回答

**上昇すると思う**

**始値:42,300円~終値:42,600円**

## 根拠

* **前日の上昇**: 2024年7月11日(昨日)の日経平均株価は、前日比392円3銭上昇の42,224円2銭で取引を終えました。この上昇は、投資家心理の改善を示唆している可能性があります。
* **米国株式市場の上昇**: 2024年7月11日(昨日)の米国株式市場は、主要な指数全てが上昇しました。特に、ナスダック総合指数は1.24%上昇し、20,211.36ポイントで取引を終えました。これは、ハイテク株への投資家心理が強気であることを示唆しています。
* **円安**: 2024年7月12日(今日)の朝方の円相場は、1ドル135円台後半で取引されています。円安は、輸出企業の業績を改善し、株価を押し上げる可能性があります。

## 参考情報

* Yahoo!ファイナンス: [https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O](https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O)
* 日経平均株価ヒストリカルデータ: [https://kabutan.jp/](https://kabutan.jp/)
* ブルームバーグ: [https://www.bloomberg.com/](https://www.bloomberg.com/)

## 免責事項

この回答は、私の個人的な意見であり、投資助言ではありません。投資判断はご自身の責任で行ってください。

## その他

* 上記の回答は、あくまでも現時点の情報に基づいています。今後の市場動向によって、日経平均株価は大きく変動する可能性があります。
* 投資には必ずリスクが伴います。十分な調査をしてから投資判断を行うようにしてください。

## 質問内容

2024年7月12日 日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

## 回答

**上昇すると思う**

**始値:42,300円~終値:42,600円**

## 根拠

* **前日の上昇トレンド**: 2024年7月11日、日経平均株価は前日比392円3銭上昇し、4万2224円2銭で取引を終えました。これは3日連続の史上最高値更新となりました。この上昇トレンドは、本日も継続する可能性が高いと考えられます。
* **米国株価の上昇**: 米国市場では、主要な株価指数が軒並み上昇しました。特に、ダウ工業30種平均株価は39753.75ドルで取引を終え、史上初めて4万ドルの大台に乗せました。この米国株価の上昇は、日本株市場にも好影響を与える可能性が高いと考えられます。
* **為替レートの安定**: 2024年7月12日午前7時現在、ドル円は135円台前半で取引されています。為替レートが比較的安定していることは、投資家心理の改善につながる可能性があります。

## 参考情報

* Yahoo!ファイナンス: [https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O/](https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O/)
* 日経平均株価ヒストリカルデータ: [https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data](https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data)
* ダイヤモンド・オンライン: [https://diamond.jp/zai/articles/-/1035796](https://diamond.jp/zai/articles/-/1035796)

## 免責事項

この回答は、私の個人的な見解に基づいており、投資判断の材料として利用することを意図したものではありません。投資判断を行う際には、ご自身の責任において十分な調査を行ってください。

## その他

* 上記の情報は、2024年7月12日午前7時時点のものであり、今後変動する可能性があります。
* 投資には必ずリスクが伴います。損失を被る可能性も十分に考慮した上で、投資判断を行ってください。

今日の日経平均株価は、始値が40,863.14円、高値が41,112.24円、安値が40,780.70円、終値が40,780.70円で、前日比131.67円の下落となりました12。

証券アナリストや証券会社の見解をまとめると、以下のような意見が多く見られます。

### 市場の動向と要因
1. **米国市場の影響**:
– 前週の米国株式市場の動向が日本市場にも影響を与えました。特に、米国の経済指標や企業決算が注目されており、これが投資家心理に影響を与えたとされています1。

2. **国内経済の状況**:
– 日本国内の経済指標や企業業績も重要な要因です。特に、最近の企業決算が市場の期待に応えられなかったことが、株価の下落に寄与したと考えられています2。

3. **円安の影響**:
– 円安が進行していることも、輸出企業にとってはプラス材料ですが、輸入コストの増加が懸念されるため、全体としては市場に不安感を与えています3。

### アナリストの見解
– **強気の見解**:
– 一部のアナリストは、短期的な調整であり、長期的には上昇トレンドが続くと見ています。特に、企業の業績改善や政府の経済対策が期待されているため、今後の回復を予想しています2。

– **弱気の見解**:
– 一方で、他のアナリストは、米国の金利上昇や地政学的リスクが引き続き市場に影響を与えると警戒しています。特に、インフレ懸念が高まる中で、投資家のリスク回避姿勢が強まる可能性があると指摘しています1。

### 結論
全体として、今日の日経平均株価の動向に対する見解は、やや下落を予想する意見が多いようです。特に、短期的な不安要因が多いため、慎重な姿勢を取るアナリストが多い印象です3。

このように、日経平均株価の動向は多くの要因に左右されるため、今後も注視が必要です。何か他に知りたいことがあれば教えてくださいね。

ソース: Copilot との会話、 2024/7/12
(1) 日経平均株価終値、131円安の4万780円…取引時間中の史上最高値を …. https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E7%B5%82%E5%80%A4-%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%91%E5%86%86%E5%AE%89%E3%81%AE%EF%BC%94%E4%B8%87%EF%BC%97%EF%BC%98%EF%BC%90%E5%86%86-%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%99%82%E9%96%93%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%80%A4%E3%82%92%E4%B8%80%E6%99%82%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%82%8B/ar-BB1pAqnO.
(2) 日経平均株価、史上初の4万2000円台…一時500円超上昇. https://www.yomiuri.co.jp/economy/20240711-OYT1T50019/.
(3) 日経平均株価:指数情報・推移 – Yahoo!ファイナンス. https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O.
(4) 日経平均株価(225種)の日々株価(日足)|時系列データ|株探 …. https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=0000.
(5) Google Finance – 株式市場価格、リアルタイムの相場、ビジネス …. https://finance.google.com/?hl=ja&gl=JP.

googleのGemini(旧Bard)はChatGPTの対抗馬として2023年の3月21日にアメリカとイギリスで一般公開され、2023年5月11日には日本語に対応しました。ものすごいスピードでChatGPTを追い上げていますが、いまだにその回答の正確さや文章構成力などはChatGPTには敵わないといった印象を受けます。(←執筆時は確かに前述のように思いましたが、すでに文章の理解力等はChatGPTを凌駕しているように思えます。さらに現在はGeminiという名称になり、もっと強力なAI力(?)になっているようです。)

ですが、BardにはChatGPTでは実現できない非常に優れた機能があります。その機能とは、「常にWEBから最新の情報を取得し、それを回答に反映する」といったものになります。(現在はChatGPTにも搭載され、限定的に使用できるようになっています。)この機能を用いて、東京株式市場が開催される直前に、その日の始値から終値までが上がるのか下がるのかを予測させてみました。

結論から言うと、WEBから最新の情報を仕入れているとは思えないほど、大昔の株式情報を参考にしていたり、前日の終値さえも把握していない状態で回答案を生成してくれたりと散々な結果でした。うーん・・・発展途上・・・。

ただ、何度もBardを使っているうちに、なんとなくですがBardの仕様のような内部の処理方法のような・・・なんとも言い難いのですが「クセ」のようなものがわかってきました。その「クセ」を考慮した質問を作成し、Bardに当日の日経平均株価が上がるか下がるかを予測させてみました。すると、それなりに市場を把握することができており、悪くない回答を生成するようになってきましたので、その結果を掲載します。

なお、これはただの実験結果の報告であり、私の意思は入っていません。果たしてこれがどれほど参考になるのかわかりません。これを基に投資を行い損害を被ったとしても私は責任を負えません。その点はどうかご容赦ください。ただの「読み物」程度に捉えていただけると幸いです。

余談ですが、ChatGPTに比べてBardはなんだか上から目線な気がします。あまりにもしつこく質問していたら「もう知らねーよ」的なことを言われました。 怒らせたかなぁと思い、「あれ?Bardさん、怒らせてしまいました?」と聞いたところ「私の間違いを指摘してくれてありがとう」と言われました。これは本気なのか嫌味なのかどっちなんだろう・・・。嫌味だとしたら末恐ろしいAIです。

今日の日経平均株価が、始値(寄り付き)から終値(大引け)までにかけて、上昇するのか下落するのかをGemini(google)及びChatGPT(+Bing)に予想させてみました。(8時過ぎに掲載します。)なお、情報量が多いため、記事を折りたたんでいます。
(▼が付いたタイトルをクリックorタップでGeminiとChatGPTの予想が開閉します。)

日経平均ETF株 購入可能株数計算機

投資額に対して、日経平均ETF株を何株まで購入できるかを算出する計算機になります。投資額をボタンで入力すると、昨日の終値と値幅制限値を自動計算し、各ETF株の購入可能株数が表示されます。

なお、ここでは出来高上位の下記6銘柄を採用しました。

  • 【1570】NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ
  • 【1458】楽天ETF-日経レバレッジ
  • 【1579】日経平均ブル2倍
  • 【1357】NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース
  • 【1459】楽天ETF-日経ダブルインバース
  • 【1360】日経平均ベア2倍

毎回スマホの電卓を起動してこの計算をするのが億劫になり、JavaScriptで作成しました。あまり作り込んでいないプログラムですので、エラーがでたらブラウザの更新ボタンで対処願います。

「日経平均ETF株」終値

【1570】円(値幅制限円)

【1458】円(値幅制限円)

【1579】円(値幅制限円)

【1357】円(値幅制限円)

【1459】円(値幅制限円)

【1360】円(値幅制限円)

購入可能株数計算機

【1570】
【1458】
【1579】
【1357】
【1459】
【1360】
投資額 万円

AI予測

Posted by Wert