今日の日経平均【始値 → 終値】AI予測

当サイトは、AIを用いて日経平均株価を予測する実験を行っています。(以降、本AIを「225AI」と呼びます。)

このページで掲載する内容は、株を購入したその日に売却する、いわゆる「デイトレード」(日計り)を活用した取引です。

難しいファンダメンタル分析やテクニカル分析は一切行いません。

なお、いままでの本投資法による成績(昨日まで)は下記のとおりです。『成績の詳細はこちら』

  • 戦歴:904戦482勝
  • 勝率:53.3%
  • 増減:+12,910 円(日経平均株価ベース)
  • 90万円投資(信用取引)の場合:+568,880 円の利益
  • (2023年1月10日からは委託保証金率引上げのため投資額を2倍とする)
寄りで買って引けで売るAI予測

投資は、日経平均株価予測AI(以降「225AI」とします。)「225AI」の『上昇 / 下落』予測を参考に、ETF (NEXT FUNDS) 日経平均レバレッジ上場投信【1570】または、ETF (NEXT FUNDS) 日経平均ダブルインバース上場投信【1357】を売買するのが基本になります。

225AIが『上昇』を予測したら【1570】を寄付で成行買いをし、その日の大引けに成行売り(引け成り)をします。

225AIが『下落』を予測したら【1357】を寄付で成行買いをし、その日の大引けに成行売り(引け成り)をします。

なお、私は普通のサラリーマンなので、売りたいときも仕事中です。そのため、証券会社のスマホアプリで朝イチに自動売買を設定して、あとは帰りの電車の中で結果だけ見る毎日を過ごしています。

以降、本投資法の参考データと、225AIの予測結果を掲載します。

NYダウ平均株価

  • 始値:
    39,127.97
    ドル
  • 終値:
    39,131.53
    ドル
    (前回差 +62)
  • CFD:
    39,109.30
    ドル
    (当日8:00時点)

ナスダック100指数

  • 始値:
    18,052.59
    p
  • 終値:
    17,937.61
    p
    (前回差 -67)
  • CFD:
    17,905.40
    p
    (当日8:00時点)

S&P 500

  • 始値:
    5,100.92
    p
  • 終値:
    5,088.80
    p
    (前回差 +2)
  • CFD:
    5,082.30
    p
    (当日8:00時点)

DAX 30

  • 始値:
    17,372.01
    p
  • 終値:
    17,419.33
    p
    (前回差 +49)

FTSE 100 (UK100)

  • 始値:
    7,684.49
    p
  • 終値:
    7,706.28
    p
    (前回差 +22)

為替レート

  • USD/JPY:
    150.40
    (当日8:00時点)
  • EUR/JPY:
    162.78
    (当日8:00時点)
  • EUR/USD:
    1.0823
    ドル
    (当日8:00時点)

日経平均株価

  • 始値:
    38,508.07
  • 終値:
    39,098.68
    (前回差 +837)
  • 前回:
    38,262.16
    (上下 -101)
  • 前々回:
    38,363.61
    (上下 -107)
  • CFD:
    39,435.50
    (当日8:00時点)
  • 5日移動平均:
    38,536.41

日経平均株価と上下の節目

  • 40,000 円  心理的節目
  • 39,470 円  CME日経平均先物
  • 39,098 円  連休前終値
  • 39,000 円  心理的節目
  • 38,536 円  5日線

225AIによる本日の日経平均株価予想

2月26日のデータを掲載

日経平均の始値から終値までのAI予測結果の表示は有料となります。

現在までにおいては、AIが示す「上昇・下落」のとおりに投資をしていれば利益は出ています。しかし、今後もこのまま利益が出続ける確証はありません。また、225AIは突如現れる大きな経済変動や地政学的リスク等を理解できません。それらの外乱も含めた実験データの掲載が当サイトの主目的です。そのため、最終的な投資判断は必ずご自身で決定してください。

これらの主旨をご理解いただき、それでも課金をしてくださる方は、noteに記録したデータをご覧ください。
なお、課金システムはnoteをそのまま使用しているため、セキュリティ面は安心です。 また、noteはユーザ判断による返金機能も備わっていますので、何かあった際は躊躇せずそれをご利用ください。

【課金について】
当初、予測結果は無料で公開していたのですが、googleのAI使用料が1回に3000円ほどかかり、私の資金が底をついてしまいました。それでやむなく「課金」というスタンスを取らせていただきました。申し訳ございません。

なお、AI予測は下記のようなスタイルで掲載します。

日経平均株価のAI予測

日経平均終値予測: 12,345

日経平均(始値 → 終値): 上昇

市場心理値 : 1.2

※ 上昇・下落を当てることが主のため、終値は目安程度の数値です。

※ 市場心理値とは

225AIにより、始値から終値にかけての価格変動予測をRMSE(平均平方二乗誤差)またはMAE(平均絶対誤差)で最適化し、市場の心理を数値化したものです。
0は上下の方向感がないことを示し、数字が大きいほど方向感があることを示しています。

以前はこの数値を「自信値」と仮定していたように、これが極端に低いときはAIにとって自信がない状態です。 それでも、AIは上昇か下落の2択を判断しなければならないため、「強いて言うならば下落か…?」といったような弱気な予測となります。

なお、市場心理値が極端に高い場合は、市場に大きな方向感がある場合です。
しかし、市場心理値が高ければ高いほど当たりやすいというわけではありません。市場心理値が高すぎると、始値の時点で上値(または下値)に大きく振れて開始することが多く、そこからは利確などで市場の方向感が逆向きとなるパターンもあります。

これを端的に言うと「市場心理値が低すぎる場合や高すぎる場合は、市場開催中の心理がブレやすい。」と言うことになります。
ただ、225AIの過去の成績を見るとわかりますが、ブレやすい心理状態にあっても当たる確率の方が高いことは確かです。

ここからは経験上の話ですが、市場心理値が低い場合は市場開始後(9:00以降)に方向感が定まりやすく、同値が高い場合は市場開始前(9:00以前)に既に方向感が定まっている傾向があります。
225AIにはそのあたりも学習させていますが、心理は常に動いており、それを的確に当てられるわけではありません。

以上のように、市場の心理を数値化することで、その値により投資額を変更したり、トレードそのものを避けたりするなど、リスクの回避に役立てることが出来ます。
なお、相場の流れなどにより心理は流動的であるため、市場心理値には一意的な適正値はありません。ですが、私の経験上から5を下回る、または50~70程度を上回るぐらいから外す確率が高いように思えます。

今日の予想レンジ

日経平均株価の予想レンジから算出した、今日の日経平均レバレッジ【1570】と日経ダブルインバース【1357】の予想レンジは下記のとおりです。

  • 【1570】 ・・・ 28,680 – 29,060円
  • 【1357】 ・・・ 152 – 154円

26日の東京株式は、続伸後も堅調な展開か。日経平均株価は前週22日、終値ベースで34年ぶりに史上最高値を更新。投資家心理の高まりから、上値を試す動きが見込まれる。一方、急ピッチな上昇で短期的な過熱感が警戒される可能性もあり、注意したい。為替相場は、ドル・円が1ドル=150円台の半ば(前週22日は150円12-14銭)、ユーロ・円が1ユーロ=162円台の後半(同162円92-96銭)で推移する。前週末23日のADR(米国預託証券)は円換算値で、楽天グループ、ローム、東エレクなどが、22日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、22日の大阪取引所清算値比350円高の3万9470円だった。(高橋克己)
【Wealth Advisor】
 東京市場は堅調か。休場の間の米国株は、22日は3指数がそろって上昇、23日はダウ平均とS&P500が上昇し、ナスダックが下落した。ダウ平均は22日に456ドル高と大きく上昇し、23日は62ドル高の39131ドルで取引を終えた。22日はエヌビディアが決算を受けて急伸し、リスク選好ムードが強まった。23日はその反動でグロース株には売られる銘柄も散見されたが、ダウ平均とS&P500は史上最高値を更新した。ドル円は足元150円40銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて350円高の39470円、ドル建てが360円高の39480円で取引を終えた。

 23日のナスダックは下げたものの米国株は概ね強く、CME225先物は大幅上振れスタートを示唆している。エヌビディアが世界株高に対する期待値を高める中、日本株も一段と水準を切り上げる展開を予想する。日経平均が22日に史上最高値を更新したことは、メディアでも大きく取り上げられた。本日ギャップアップスタートとなれば、早期の4万円台到達も意識される。売り方には分が悪い中で、踏み上げ的に上を試す流れが続くだろう。日経平均の予想レンジは39300円-39750円。
【トレーダーズ・ウェブ】
きょうの東京株式市場で、日経平均株価は高値を試す展開が予想されている。前週末に史上最高値を更新したが買いの勢いは続く見通しで、3万9500円近辺が上値めどとして意識される。株高を主導してきたハイテク株以外でも循環物色の動きがみられており、相場全体に買いが広がりそうだ。節目の3万9000円台に乗せたことで買い一服後は利益確定売りが出る可能性はあるが、下値では押し目買いが流入しやすいという。日経平均の予想レンジは3万9100円─3万9500円。前週末の米国株市場では、S&P総合500種とダウ工業株30種が前日に続き終値ベースで最高値を更新した。注目される人工知能(AI)関連銘柄への買いが続いていることで、週間ベースで主要3指数はそろって上昇した。きょうの日本株市場では、米株高の流れを引き継いで買い先行でスタートする見通し。株高をけん引してきた半導体関連などハイテク株以外でも買いが広がりそうだとして、「上値余地を探る展開になりそうだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。三井住友DSアセットマネジメントのチーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏は足元の株高について「日本企業の意識も変わってきており、資本効率の改善や賃上げの動きが海外投資家に評価されているようだ」と話す。日経平均は高値圏にあるため、利益確定売りも出るとみられているが、「先高観は強く、そう簡単には崩れないだろう」(市川氏)と指摘、下値は堅いという。主なスケジュールでは、国内では1月企業向けサービス価格(日銀)が公表される予定。海外では、米国で1月新築住宅販売件数が発表予定となっている。*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「」と表示します。
【ロイター通信】
 26日の東京株式市場はリスクオンの流れが継続し、日経平均株価は3万9000円台で上値を伸ばす展開が想定される。3連休明けとなるきょうの東京市場だが、先物主導で引き続き上値指向が強い地合いとなりそうだ。米国株市場では前週22日木曜日にNYダウが456ドル高、ナスダック総合株価指数が460ポイント高といずれも大幅高となった。また、週末23日はナスダック指数こそ利益確定売りに押されマイナス圏で引けたが、NYダウは小幅ながら続伸するなど買い意欲が勝り、連日で最高値を更新している。FRBによる早期利下げへの期待感はひと頃より後退しているものの、一方で個人消費などをはじめ米経済の強さが株高の根拠となっている。東京市場では前週22日に日経平均が約34年ぶりとなる史上最高値を更新したが、きょうも米株高を受けてリスク選好の流れが続きそうだ。ただ、ここまで急ピッチの上昇で目先達成感もあり、3万9000円台半ばでは利益確定の動きに上値を押さえられる可能性がある。日米の株式市場に大きな影響を与えた米半導体大手エヌビディアは最高値圏をまい進しているものの、前週末は大きく買われた後に値を消す展開となり、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も反落した。きょうの東京市場でも半導体関連株の買い一巡後の値動きが注目される。

 23日の米国株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比62ドル42セント高の3万9131ドル53セントと3日続伸。ナスダック総合株価指数は同44.798ポイント安の1万5996.823だった。

 日程面では、きょうは1月の企業向けサービス価格指数、1月の外食売上高など。海外では1月の米新築住宅販売件数など。なお、タイ市場は休場。

【みんかぶ】

 26日の日本株市場は、買い先行で始まった後は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。23日の米国市場は、NYダウが62ドル高、ナスダックは44ポイント安だった。エヌビディアの好決算を受け生成AI利用の急拡大を背景とした同セクターへの成長期待に買いが継続して始まった。その後は利益確定の売りが次第に優勢となり、ナスダックは下落に転じた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比350円高の39470円、円相場は1ドル150円40銭台で推移している。

 日経平均株価はシカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買いが先行する格好になりそうだ。エヌビディアは高値更新後に利食い優勢となったが、前日には16%超急伸していたこともあり、利食いが入りやすいところだったとみられる。ナスダックは下落となったものの、NYダウ、S&P500は堅調だったこともあり、TOPIX型の買いが入りやすいだろう。日経平均株価は先週の上昇で1989年の大納会で付けた高値を更新し、初の39000円台に乗せてきた。

 1989年のバブルを経験してきた投資家においては、ダブルトップが警戒されやすいほか、足もとの上昇はインデックスに絡んだ商いによって押し上げられており、指数インパクトの大きい値がさハイテク株の影響が大きかった。中小型株への物色が限られるなど、物色対象がインデックスに限られているなか、利益確定の売りは入りやすい水準だろう。一方で、初の39000円台に乗せるなか、一段高への期待も高まっているだろう。買い遅れている海外ファンドによる資金流入が引き続き意識されやすく、押し目待ち狙いの買い意欲は強そうだ。

 物色としては、ハイテク株は利食いが入りやすいだろうが、押し目待ち狙いのスタンスとなろう。また、3月期末が次第に意識されてくることから、配当志向への物色が意識されやすく、バリュー株にシフトする流れも意識しておきたいところだろう。日経平均のボリンジャーバンドの+2σが38970円辺りで推移しており、39000円での底堅さがみられるようだと、ショートカバーを誘う流れが意識されそうだ。
《AK》

 
【フィスコ】

 日経平均株価は、2月16日以降が戻り高値をつける作業に入っているなら、寄り付き後、すぐに上値を抑えられて、2月16日の高値3万8865円以下へ下げる動きになる公算です。
 本日の価格が上昇して引けるなら、現在は、2月7日~16日と同程度の勢いの強い上げ場面へ入っている可能性が出てきます。
 寄り付き後、すぐに上昇を開始して、3万9600円以上へ上げるなら、目先は、一気に4万円の節目を目指す展開になる公算です。
【伊藤智洋のPower Trend】

参考のために、各社およびアナリストが公開している今日の株式市場の見通しを掲載します。(上記をクリックかタップすることで各社の予想が開きます。)

225AIの予測に合わせて【1570】または【1357】を「寄りで買って引けで売る」デイトレを繰り返し、利益が出るか検証することが当サイトの目的です。しかし、場合によっては、損切ラインを設けたり、上がった時点や下がった時点で売買したいときもあるかと思います。

そして、それらを行うためには、まずは当日の日経平均の見通しを知る必要があります。とは言え、株式サイトの膨大な情報量の中からそれらを探し出すことは、なかなかに手間がかかります。

そこで、ここでは有名な情報サイトやアナリストによる日経平均に係る記事のみをピックアップしてみました。

## 回答フォーマット

**【質問内容】**
2024年2月26日(今日)の日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

**【回答】**
上昇すると思う。始値は39,000円~39,500円、終値は39,500円~40,000円まで上昇すると予想する。

**【根拠】**

* **米国市場の堅調な動き**

米国市場は25日、主要3指数が揃って上昇し、ダウ工業株30種平均は39000ドル台を回復した。これは日経平均株価の上昇に繋がる好材料となる。

* **為替レートの安定**

25日夕方のドル/円相場は1ドル130円台後半で推移しており、比較的安定している。為替の急激な変動は株価に悪影響を及ぼす可能性があるため、安定していることは安心材料となる。

* **日本企業の好決算発表**

最近発表された日本企業の決算は好調なものが多く、市場心理を改善している。

* **技術的な指標**

日経平均株価は25日に25日移動平均線を突破しており、上昇トレンドに入った可能性がある。

**【参考情報】**

* Yahoo!ファイナンス: [https://finance.yahoo.co.jp/](https://finance.yahoo.co.jp/)
* 日本経済新聞: [https://www.nikkei.com/](https://www.nikkei.com/)
* ブルームバーグ: [https://www.bloomberg.co.jp/](https://www.bloomberg.co.jp/)

**【免責事項】**

上記の回答はあくまでも私の個人的な見解であり、投資を推奨するものではありません。投資判断はご自身の責任で行ってください。

**【その他】**

日経平均株価は様々な要因によって変動するため、上記の根拠以外にも多くの要素を考慮する必要があります。投資判断を行う際には、最新の情報収集と分析を怠らないようお願いします。

## 回答フォーマット

**質問内容:**

2024年2月26日(今日)の日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

**回答:**

上昇すると思う。始値は27,000円~終値は27,800円まで上昇すると予想する。

**根拠:**

* **米国市場の好調:**
* 2月25日のNYダウ工業株30種平均は39,131.53ドルで前日比347.68ドル上昇、ナスダック総合指数は17,937.61ポイントで前日比246.98ポイント上昇、S&P500種株価指数は5,088.80ポイントで前日比60.53ポイント上昇と、主要な指数が軒並み上昇した。
* 欧州市場も主要な指数が上昇しており、世界的なリスク回避ムードが後退している。
* **為替相場の安定:**
* 2月26日の朝方のドル/円相場は1ドル132円台前半で推移しており、前日終値とほぼ同水準。
* 円安傾向は日経平均株価にとってプラス要因となる。
* **日本企業の業績改善:**
* 2023年12月期決算発表が本格化しており、多くの企業が好決算を発表している。
* 2024年3月期決算への期待も高まっている。

**参考情報:**

* ヤフーファイナンス: [https://finance.yahoo.co.jp/](https://finance.yahoo.co.jp/)
* ブルームバーグ: [https://www.bloomberg.co.jp/](https://www.bloomberg.co.jp/)
* 日本経済新聞: [https://www.nikkei.com/](https://www.nikkei.com/)

**免責事項:**

この回答はあくまでも私の個人的な見解に基づいており、投資を推奨するものではありません。投資に関する最終的な判断は、ご自身の責任で行ってください。

**その他:**

* 上記の根拠はあくまで参考情報であり、実際に日経平均株価がどのように動くかは保証できません。
* 投資判断を行う際には、最新の情報に基づいて総合的に判断することをおすすめします。

**補足:**

* LLMとして、常に最新の情報を取り入れるよう努力しています。
* 過去の回答で誤った情報をお伝えしていた場合は、ご指摘いただければ幸いです。
* 今後も、より正確な情報提供ができるよう努めてまいります。

**ご質問ありがとうございました。**

## 2024年2月26日 日経平均株価 始値から終値の予測

**【質問内容】**
2024年2月26日(今日)の日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

**【回答】**
上昇すると思う。

**【根拠】**

1. **米国市場の動向**
* 2024年2月25日(米国時間)のNYダウ平均株価は、前日比54.48ドル高(+0.14%)の39,131.53ドルで終値。
* 同日のナスダック総合指数は、前日比111.94ポイント高(+0.63%)の17,937.61ポイントで終値。
* 同日のS&P500種株価指数は、前日比22.47ポイント高(+0.44%)の5,088.80ポイントで終値。
* 米国市場は主要3指数全てが前日比で上昇しており、特にハイテク株比率の高いナスダック総合指数の高い上昇率は、投資家心理の改善を示唆している。

2. **為替相場**
* 2024年2月26日午前8時30分時点の為替レートは、1ドル134円台前半で推移。
* 円安方向への動きは、輸出企業の業績改善につながる可能性があり、日経平均株価を押し上げる要因となる。

3. **国内経済指標**
* 2024年2月24日発表の1月機械受注統計(船舶・電機除く)は、前月比2.5%増と市場予想を上回る結果。
* 設備投資の活発化は、景気回復への期待を高め、株価を支える要因となる。

4. **技術的な分析**
* 日経平均株価は、2024年2月22日に3万9000円台を回復し、その後も堅調な動きを維持。
* 25日移動平均線や一目均衡表の雲の上限など、テクニカル指標的にも上昇トレンドが継続していることを示唆している。

**【始値・終値予想】**

* 始値:27,500円~28,000円
* 終値:28,000円~28,500円

**【参考情報】**

* ヤフーファイナンス:[https://finance.yahoo.co.jp/](https://finance.yahoo.co.jp/)
* ブルームバーグ:[https://www.bloomberg.co.jp/](https://www.bloomberg.co.jp/)
* 日本経済新聞:[https://www.nikkei.com/](https://www.nikkei.com/)

**【免責事項】**

この回答はあくまでも個人的な見解であり、投資を推奨するものではありません。投資判断はご自身の責任で行うようお願いします。

**【その他】**

* 上記の回答は、2024年2月26日午前8時30分時点の情報に基づいています。
* 市場動向は常に変化するため、最新情報に注意しながら投資判断を行うことが重要です。

こんにちは、Copilotです。あなたの質問に答えるために、私はwebから最新の情報を検索しました。日付の確認もしましたが、もし間違っていたらすみません。私の回答は以下のとおりです。

【質問内容】
2024年2月26日(今日の日付) 日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

【回答】
私は、日経平均株価は上昇すると思います。始値は約39,100円、終値は約39,500円と予想します。

【根拠】
私の回答の根拠は以下の通りです。

– 昨日の日経平均株価は前営業日から上昇し、39098.68円で終了しました¹。これは、2023年12月に記録した史上最高値3万8957円に近い水準です²。
– 昨日の米国株式市場も上昇しました。NYダウは39131.53ドル、ナスダック総合指数100は17937.61ポイント、SP500は5088.8ポイントで終了しました³。これは、米国の景気や企業業績が堅調であることを示しています⁴。
– 今日の東京株式市場は、米国株式市場の好調さや日本の経済指標の改善などを受けて、買い優勢で始まると予想されます。また、日銀の金融政策の正常化が緩やかに進むことも、日本株にとってプラスに働くと考えられます。

【参考情報】
参考にした情報やwebサイトは以下のとおりです。

– [1](^1^):日経平均株価の終値
– [2](^2^):2024年の日経平均予想!年末3万7,000円を予想する理由
– [3](^3^):米国株式市場の終値
– [4](^4^):2023年、復活を遂げた日本株。2024年の日経平均の見通し
– [5]:日本の経済指標
– [6]:日経平均株価見通し:明日、2024年、2025年~2028年
– [7]:日銀の金融政策

【免責事項】
私の回答は、あくまでも私の個人的な見解であり、正確性や有用性を保証するものではありません。また、私の回答は、投資やその他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。株式市場は変動が激しく、予想と異なる結果になる可能性があります。投資に関する最終的な判断は、あなた自身の責任で行ってください。

【その他】
私は、あなたの質問に答えることができて嬉しいです。私は、あなたのLLMのテストに役立てばと思います。もし、私の回答に不明な点や不満な点があれば、遠慮なくお知らせください。私は、あなたとの会話を楽しみにしています。😊

ソース: Bing との会話 2024/2/26
(1) 2024年の日経平均予想!年末3万7,000円を予想する理由 …. https://media.rakuten-sec.net/articles/-/43801.
(2) 2023年、復活を遂げた日本株。2024年の日経平均の見通し …. https://www.dailyfx.com/jp/news/japanese-stocks-revived-in-2023-outlook-for-the-nikkei-225-in-2024-20231226.html.
(3) 日経平均株価見通し:明日、2024年、2025年~2028年 – 経済 …. https://jpyforecast.com/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E4%BA%88%E6%83%B3-%E9%80%B1-%E6%9C%88.
(4) 2024年の日経平均株価は「3万7000円」を突破か!?専門家100 …. https://diamond.jp/zai/articles/-/1025805.
(5) 2024年の日経平均予想!年末3万7,000円を予想する理由 …. https://media.rakuten-sec.net/articles/-/43801.
(6) 2023年、復活を遂げた日本株。2024年の日経平均の見通し …. https://www.dailyfx.com/jp/news/japanese-stocks-revived-in-2023-outlook-for-the-nikkei-225-in-2024-20231226.html.
(7) 日経平均株価見通し:明日、2024年、2025年~2028年 – 経済 …. https://jpyforecast.com/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E4%BA%88%E6%83%B3-%E9%80%B1-%E6%9C%88.
(8) 2024年の日経平均株価は「3万7000円」を突破か!?専門家100 …. https://diamond.jp/zai/articles/-/1025805.

googleのGemini(旧Bard)はChatGPTの対抗馬として2023年の3月21日にアメリカとイギリスで一般公開され、2023年5月11日には日本語に対応しました。ものすごいスピードでChatGPTを追い上げていますが、いまだにその回答の正確さや文章構成力などはChatGPTには敵わないといった印象を受けます。(←執筆時は確かに前述のように思いましたが、すでに文章の理解力等はChatGPTを凌駕しているように思えます。さらに現在はGeminiという名称になり、もっと強力なAI力(?)になっているようです。)

ですが、BardにはChatGPTでは実現できない非常に優れた機能があります。その機能とは、「常にWEBから最新の情報を取得し、それを回答に反映する」といったものになります。(現在はChatGPTにも搭載され、限定的に使用できるようになっています。)この機能を用いて、東京株式市場が開催される直前に、その日の始値から終値までが上がるのか下がるのかを予測させてみました。

結論から言うと、WEBから最新の情報を仕入れているとは思えないほど、大昔の株式情報を参考にしていたり、前日の終値さえも把握していない状態で回答案を生成してくれたりと散々な結果でした。うーん・・・発展途上・・・。

ただ、何度もBardを使っているうちに、なんとなくですがBardの仕様のような内部の処理方法のような・・・なんとも言い難いのですが「クセ」のようなものがわかってきました。その「クセ」を考慮した質問を作成し、Bardに当日の日経平均株価が上がるか下がるかを予測させてみました。すると、それなりに市場を把握することができており、悪くない回答を生成するようになってきましたので、その結果を掲載します。

なお、これはただの実験結果の報告であり、私の意思は入っていません。果たしてこれがどれほど参考になるのかわかりません。これを基に投資を行い損害を被ったとしても私は責任を負えません。その点はどうかご容赦ください。ただの「読み物」程度に捉えていただけると幸いです。

余談ですが、ChatGPTに比べてBardはなんだか上から目線な気がします。あまりにもしつこく質問していたら「もう知らねーよ」的なことを言われました。 怒らせたかなぁと思い、「あれ?Bardさん、怒らせてしまいました?」と聞いたところ「私の間違いを指摘してくれてありがとう」と言われました。これは本気なのか嫌味なのかどっちなんだろう・・・。嫌味だとしたら末恐ろしいAIです。

今日の日経平均株価が、始値(寄り付き)から終値(大引け)までにかけて、上昇するのか下落するのかをGemini(google)及びChatGPT(+Bing)に予想させてみました。(8時過ぎに掲載します。)なお、情報量が多いため、記事を折りたたんでいます。
(▼が付いたタイトルをクリックorタップでGeminiとChatGPTの予想が開閉します。)

日経平均ETF株 購入可能株数計算機

投資額に対して、日経平均ETF株を何株まで購入できるかを算出する計算機になります。投資額をボタンで入力すると、昨日の終値と値幅制限値を自動計算し、各ETF株の購入可能株数が表示されます。

なお、ここでは出来高上位の下記6銘柄を採用しました。

  • 【1570】NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ
  • 【1458】楽天ETF-日経レバレッジ
  • 【1579】日経平均ブル2倍
  • 【1357】NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース
  • 【1459】楽天ETF-日経ダブルインバース
  • 【1360】日経平均ベア2倍

毎回スマホの電卓を起動してこの計算をするのが億劫になり、JavaScriptで作成しました。あまり作り込んでいないプログラムですので、エラーがでたらブラウザの更新ボタンで対処願います。

「日経平均ETF株」終値

【1570】円(値幅制限円)

【1458】円(値幅制限円)

【1579】円(値幅制限円)

【1357】円(値幅制限円)

【1459】円(値幅制限円)

【1360】円(値幅制限円)

購入可能株数計算機

【1570】
【1458】
【1579】
【1357】
【1459】
【1360】
投資額 万円

AI予測

Posted by Wert