今日の日経平均【始値 → 終値】AI予測

当サイトは、AIを用いて日経平均株価を予測する実験を行っています。(以降、本AIを「225AI」と呼びます。)

このページで掲載する内容は、株を購入したその日に売却する、いわゆる「デイトレード」(日計り)を活用した取引です。

難しいファンダメンタル分析やテクニカル分析は一切行いません。

なお、いままでの本投資法による成績(昨日まで)は下記のとおりです。『成績の詳細はこちら』

  • 戦歴:964戦515勝
  • 勝率:53.4%
  • 増減:+15,823 円(日経平均株価ベース)
  • 90万円投資(信用取引)の場合:+840,480 円の利益
  • (2023年1月10日からは委託保証金率引上げのため投資額を2倍とする)
寄りで買って引けで売るAI予測

投資は、日経平均株価予測AI(以降「225AI」とします。)「225AI」の『上昇 / 下落』予測を参考に、ETF (NEXT FUNDS) 日経平均レバレッジ上場投信【1570】または、ETF (NEXT FUNDS) 日経平均ダブルインバース上場投信【1357】を売買するのが基本になります。

225AIが『上昇』を予測したら【1570】を寄付で成行買いをし、その日の大引けに成行売り(引け成り)をします。

225AIが『下落』を予測したら【1357】を寄付で成行買いをし、その日の大引けに成行売り(引け成り)をします。

なお、私は普通のサラリーマンなので、売りたいときも仕事中です。そのため、証券会社のスマホアプリで朝イチに自動売買を設定して、あとは帰りの電車の中で結果だけ見る毎日を過ごしています。

以降、本投資法の参考データと、225AIの予測結果を掲載します。

NYダウ平均株価

  • 始値:
    39,694.95
    ドル
  • 終値:
    39,065.26
    ドル
    (前回差 -606)
  • CFD:
    39,065.80
    ドル
    (当日7:00時点)

ナスダック100指数

  • 始値:
    18,907.14
    p
  • 終値:
    18,623.39
    p
    (前回差 -82)
  • CFD:
    18,617.90
    p
    (当日7:00時点)

S&P 500

  • 始値:
    5,340.26
    p
  • 終値:
    5,267.84
    p
    (前回差 -39)
  • CFD:
    5,270.10
    p
    (当日7:00時点)

DAX 30

  • 始値:
    18,682.48
    p
  • 終値:
    18,691.32
    p
    (前回差 +11)

FTSE 100 (UK100)

  • 始値:
    8,370.33
    p
  • 終値:
    8,339.23
    p
    (前回差 -31)

為替レート

  • USD/JPY:
    156.97
    (当日7:00時点)
  • EUR/JPY:
    169.77
    (当日7:00時点)
  • EUR/USD:
    1.0815
    ドル
    (当日7:00時点)

日経平均株価

  • 始値:
    38,803.13
  • 終値:
    39,103.22
    (前回差 +486)
  • 前回:
    38,617.10
    (上下 -330)
  • 前々回:
    38,946.93
    (上下 -123)
  • CFD:
    38,542.50
    (当日7:00時点)
  • 5日移動平均:
    38,904.86

日経平均株価と上下の節目

  • 39,594 円  一目雲上限
  • 39,103 円  昨日終値
  • 39,033 円  13週線
  • 39,000 円  心理的節目
  • 38,904 円  5日線
  • 38,757 円  75日線
  • 38,703 円  一目転換線
  • 38,560 円  CME日経平均先物
  • 38,396 円  一目雲下限
  • 38,288 円  25日線

225AIによる本日の日経平均株価予想

5月24日のデータを掲載

日経平均の始値から終値までのAI予測結果の表示は有料となります。

現在までにおいては、AIが示す「上昇・下落」のとおりに投資をしていれば利益は出ています。しかし、今後もこのまま利益が出続ける確証はありません。また、225AIは突如現れる大きな経済変動や地政学的リスク等を理解できません。それらの外乱も含めた実験データの掲載が当サイトの主目的です。そのため、最終的な投資判断は必ずご自身で決定してください。

これらの主旨をご理解いただき、それでも課金をしてくださる方は、noteに記録したデータをご覧ください。
なお、課金システムはnoteをそのまま使用しているため、セキュリティ面は安心です。 また、noteはユーザ判断による返金機能も備わっていますので、何かあった際は躊躇せずそれをご利用ください。

【課金について】
当初、予測結果は無料で公開していたのですが、googleのAI使用料が1回に3000円ほどかかり、私の資金が底をついてしまいました。それでやむなく「課金」というスタンスを取らせていただきました。申し訳ございません。

なお、AI予測は下記のようなスタイルで掲載します。

日経平均株価のAI予測

日経平均終値予測: 12,345

日経平均(始値 → 終値): 上昇

市場心理値 : 1.2

※ 上昇・下落を当てることが主のため、終値は目安程度の数値です。

※ 市場心理値とは

225AIにより、始値から終値にかけての価格変動予測をRMSE(平均平方二乗誤差)またはMAE(平均絶対誤差)で最適化し、市場の心理を数値化したものです。
0は上下の方向感がないことを示し、数字が大きいほど方向感があることを示しています。

以前はこの数値を「自信値」と仮定していたように、これが極端に低いときはAIにとって自信がない状態です。 それでも、AIは上昇か下落の2択を判断しなければならないため、「強いて言うならば下落か…?」といったような弱気な予測となります。

なお、市場心理値が極端に高い場合は、市場に大きな方向感がある場合です。
しかし、市場心理値が高ければ高いほど当たりやすいというわけではありません。市場心理値が高すぎると、始値の時点で上値(または下値)に大きく振れて開始することが多く、そこからは利確などで市場の方向感が逆向きとなるパターンもあります。

これを端的に言うと「市場心理値が低すぎる場合や高すぎる場合は、市場開催中の心理がブレやすい。」と言うことになります。
ただ、225AIの過去の成績を見るとわかりますが、ブレやすい心理状態にあっても当たる確率の方が高いことは確かです。

ここからは経験上の話ですが、市場心理値が低い場合は市場開始後(9:00以降)に方向感が定まりやすく、同値が高い場合は市場開始前(9:00以前)に既に方向感が定まっている傾向があります。
225AIにはそのあたりも学習させていますが、心理は常に動いており、それを的確に当てられるわけではありません。

以上のように、市場の心理を数値化することで、その値により投資額を変更したり、トレードそのものを避けたりするなど、リスクの回避に役立てることが出来ます。
なお、相場の流れなどにより心理は流動的であるため、市場心理値には一意的な適正値はありません。ですが、私の経験上から5を下回る、または50~70程度を上回るぐらいから外す確率が高いように思えます。

今日の予想レンジ

日経平均株価の予想レンジから算出した、今日の日経平均レバレッジ【1570】と日経ダブルインバース【1357】の予想レンジは下記のとおりです。

  • 【1570】 ・・・ 28,190 – 28,550円
  • 【1357】 ・・・ 143 – 145円

24日の東京株式は、反落後も軟調か。現地23日の米国株式が下落した動きを受け、売り先行スタートとなろう。手がかり材料難のなか週末要因も重なり、ポジション調整の売りに押される場面もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=156円台の後半(23日は156円76-77銭)、ユーロ・円が1ユーロ=169円台の後半(同169円75-79銭)と小動き。23日のADR(米国預託証券)は円換算値で、TDK、ローム、京セラなどが、23日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、23日の大阪取引所清算値比540円安の3万8560円だった。(高橋克己)
【Wealth Advisor】
 東京市場は軟調か。米国株は下落。ダウ平均は605ドル安の39065ドルで取引を終えた。複数の指標が足元の経済の強さを示す内容となり、長期金利が上昇。好決算を発表したエヌビディアは9%超上昇したが、他の銘柄は半導体株含めて幅広く売られ、3指数そろって終盤にかけて下げ幅を広げた。ドル円は足元156円90銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて540円安の38560円、ドル建てが530円安の38570円で取引を終えた。

 ダウ平均の下げ幅は今年最大となった。きのうの東京市場ではエヌビディアの時間外の急伸をみて米国株の堅調を織り込んでおり、失望の反応が強めに出てくることになるだろう。CME225先物からは、日経平均はスタートから前日の上げ分(486円高)を消失する展開も想定される。本日の米国株を見極めたいところで、腰の入った買いは期待しづらい。場中も下押し圧力の強い地合いが続きそうだ。寄り前には4月の消費者物価指数(CPI)が発表される。国内でも長期金利が上昇傾向にあるだけに、CPIが強く国内金利が上昇した場合には、リスク回避の売りに拍車がかかる公算が大きい。日経平均の予想レンジは38300円-38800円。
【トレーダーズ・ウェブ】
きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が見込まれる。新規の材料に欠ける中、前日の米国株式市場で主要3株価指数が下落した流れで売りが先行する見通し。日経平均は心理的節目の3万9000円を再び下回った水準での推移となりそうだ。日経平均の予想レンジは3万8500円─3万9000円。きょうの日経平均について市場では、寄り付きで3万9000円を下回り、その後も軟調な値動きで前日の上昇分約480円がほぼ帳消しになると予想されている。決算発表が一巡し新規の材料に欠ける中、日本株は米国での利下げ先送り観測に神経質に反応しやすい。「市場は利下げを期待する形で上昇してきただけに、後退すると全体的に下げが強まりやすい」(SBI証券の浅井一郎シニア・ストラテジスト)という。もっとも、日銀の早期追加利上げ観測などを背景に国内金利は1%近辺を推移しており、高止まりへの警戒感も高まっている。金利動向を手掛かりとした動きはきょうもみられそうだ。23日の米国株式市場は下落した。米半導体大手エヌビディアが9.32%高となり初めて1000ドルを突破したものの、米連邦準備理事会(FRB)による利下げが先延ばしされるとの見方が全体相場を押し下げた。5月の米総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は54.4と2022年4月以来約2年ぶりの高水準となり、労働市場の底堅さと物価上昇圧力が高まりが示された。きょうは国内で4月全国消費者物価のほか、米国で4月耐久財受注、5月のミシガン大消費者信頼感指数確報値などが公表される。
【ロイター通信】
 24日の東京株式市場で日経平均株価は反落する見通し。前日の米国市場では市場予想を上回る四半期決算と業績見通しを発表したエヌビディアが急騰したが、楽観ムードは広がらなかった。5月の米国の購買担当者景気指数(PMI)の速報値は製造業、サービス業ともに市場予想を上回った。また、週間の新規失業保険申請件数は市場予想を下回り、米国経済の底堅さが意識され、インフレ環境が長期化するとの見方から米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げ観測が後退。更に、投資家向け説明会で業況に対する慎重な見方が広がったボーイングが急落したことも、NYダウを押し下げる要因となった。大阪取引所の夜間取引で日経平均先物6月限は3万8550円で終了。シカゴの日経平均先物6月限は3万8560円で引けた。日経平均株価は前日、エヌビディア株の時間外取引での急伸を受けて3万9100円台まで水準を切り上げたが、NYダウが大幅安となったことで投資家心理の悪化は避けられず、主力株全般に売りが優勢となり下落して始まると想定される。半導体関連株にも利益確定目的の売りが見込まれる。一方、この日は4月の全国消費者物価指数(CPI)が公表される。生鮮食品を除くコアCPIに関しては前年比でプラス2.2%が市場のコンセンサスで、前月から伸び率が鈍化するとの見方が優勢だが、市場予想を上回る結果となった場合には、日銀が早期に利上げに踏み切るとの市場の観測を強める可能性があり、その際には金融セクターを下支えする要因となるとみられている。加えて、ドル円相場は一時1ドル=157円台に乗せるなど円安基調が続いているほか、4月以降、国内の主要企業による自社株買いが相次いで発表されたことは、日本株の下値をサポートする要因となるとみられている。日経平均株価は取引時間中、3万8400円から3万8800円の範囲で推移する公算が大きい。

 23日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比605ドル78セント安の3万9065.26ドルと続落。ナスダック総合株価指数は同65.511ポイント安の1万6736.033だった。

 日程面では国内では4月の全国消費者物価指数のほか、4月の全国百貨店売上高が公表される予定。海外では米国で4月の耐久財受注と、5月のミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)の発表を控えている。

【みんかぶ】

 24日の日本株市場は、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開が続きそうである。23日の米国市場は、NYダウが605ドル安、ナスダックは65ポイント安だった。エヌビディアの好決算が投資家心理の改善につながったが、その後は雇用関連指標やPMIが予想以上に強く、利下げ期待の後退で長期金利が上昇したことが重荷となり下落に転じた。シカゴ日経225先物は大阪比540円安の38560円。円相場は1ドル156円90銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から、ギャップダウンから始まることになりそうだ。日経225先物のナイトセッションは75日線水準で下げ渋る動きもみられたが、終盤にかけて下落幅を広げる格好から同線を下回った。昨日の日経平均株価は75日線を支持線としたリバウンドから終値では4月半ば以来の39100円を回復したが、前日のリバウンド部分を帳消しにしてきそうだ。

 ただし、米国では全般軟調ななか、エヌビディアは9%を超える上昇だった。S&P500業種別指数では半導体のみが上昇していることもあり、売り一巡後は前日に強い値動きだったアドバンテスト、レーザーテック、東エレクの動向が注目されやすいだろう。朝方はインデックスに絡んだ売買の影響から売りが先行することになろうが、売り一巡後には押し目狙いの動きが意識されてきそうだ。

 指数インパクトの大きい値がさハイテク株が下げ渋るようだと、日経平均株価は75日線が支持線として意識されてくる可能性もありそうだ。また、為替市場ではやや円安傾向をみせていることから、輸出関連なども売り一巡後の動向が注目されよう。そのほか、AI関連など成長期待の大きいテーマ株の一角には、短期的な値幅取り狙いの資金が向かうとみておきたい。
《AK》

 
【フィスコ】

 日経平均株価は、昨晩の日経225先物が3万8550円で引けているため、3万8600円前後の値位置から始まる公算です。
 5月22日安値の3万8592円を割ると、上値、下値を切り下げる弱気パターンを形成するため、その後の価格が4月19日安値の3万6733円を目指す可能性が出てきます。
 本日が下値堅く推移するなら、寄り付き後、3万8592円付近で下値を支えられて引けまで堅調に推移すると考えられます。
【伊藤智洋のPower Trend】

参考のために、各社およびアナリストが公開している今日の株式市場の見通しを掲載します。(上記をクリックかタップすることで各社の予想が開きます。)

225AIの予測に合わせて【1570】または【1357】を「寄りで買って引けで売る」デイトレを繰り返し、利益が出るか検証することが当サイトの目的です。しかし、場合によっては、損切ラインを設けたり、上がった時点や下がった時点で売買したいときもあるかと思います。

そして、それらを行うためには、まずは当日の日経平均の見通しを知る必要があります。とは言え、株式サイトの膨大な情報量の中からそれらを探し出すことは、なかなかに手間がかかります。

そこで、ここでは有名な情報サイトやアナリストによる日経平均に係る記事のみをピックアップしてみました。

## 質問内容

2024年5月24日 日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

## 回答

**上昇すると思う**

**始値:39,200円~終値:39,600円**

## 根拠

* **前日の日経平均株価の終値 (39,103.22円) が上昇したこと**
* **米国市場 (NYダウ、ナスダック、SP500) の前日の終値が全て下落していること**
* **5月24日は、日本国内でゴールデンウィーク明けの最初の取引日であること**

過去データによると、ゴールデンウィーク明けの最初の取引日は、上昇する傾向があります。また、米国市場が下落している場合でも、日本市場は独自要因で上昇する可能性があります。

## 参考情報

* 前日の日経平均株価:[https://kabu.com/kabustation/manual/layout02.html](https://kabu.com/kabustation/manual/layout02.html)
* 米国市場の株価:[https://finance.yahoo.co.jp/](https://finance.yahoo.co.jp/)
* ゴールデンウィーク明けの最初の取引日の過去のデータ:[https://www.stat.go.jp/](https://www.stat.go.jp/)

## 免責事項

この回答は、私の個人的な見解であり、投資判断の材料として利用することを推奨するものではありません。投資判断は、ご自身の責任で、十分な情報収集と検討をお願いします。

## その他

日経平均株価の値動きは、様々な要因によって影響を受け、予測するのは非常に困難です。上記の回答はあくまでも参考情報であり、実際の値動きとは異なる可能性があります。

## 質問内容

2024年5月24日 日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

## 回答

**上昇すると思う**

**始値:39,200円~終値:39,500円**

## 根拠

* **前日の日経平均株価の終値 (39,103.22円) が上昇していること**
* **米国株市場が堅調に推移していること**
* NYダウ:前日比 +0.36%
* ナスダック総合指数:前日比 +0.12%
* S&P500:前日比 +0.23%
* **為替レートが円安方向に推移していること**
* 1ドル130円台後半

## 参考情報

* Yahoo!ファイナンス: [無効な URL を削除しました]
* ダイヤモンド・ザイ: [https://diamond.jp/zai/articles/-/1033407](https://diamond.jp/zai/articles/-/1033407)
* 日経CNBC: [https://www.youtube.com/watch?v=BO_rnfK8TBA](https://www.youtube.com/watch?v=BO_rnfK8TBA)

## 免責事項

この回答は、投資助言ではありません。あくまでも私の個人的な考えに基づいています。投資判断はご自身の責任で行ってください。

## その他

* 上記はあくまでも私の推測であり、実際の株価は予想よりも大きく変動する可能性があります。
* 投資判断を行う際には、最新の情報を収集し、十分な調査を行うことが重要です。

## 質問内容

2024年5月24日 日経平均株価の始値から終値は、上昇すると思うか下落すると思うか。

## 回答

**上昇すると思う**

**始値:39,200円~終値:39,500円**

## 根拠

以下の理由から、2024年5月24日 日経平均株価は始値から終値にかけて上昇する可能性が高いと予想します。

* **前日の米国株式市場**:
* ニューヨークダウ:前日比微小上昇
* ナスダック総合指数:前日比微小上昇
* S&P500:前日比微小上昇
* **為替レート**:
* 円安傾向:輸出企業の業績向上を期待
* **技術指標**:
* 移動平均線:25日線、75日線ともに上向き
* MACD:買いシグナル

## 参考情報

* Yahoo! Finance: [無効な URL を削除しました]
* 日経平均株価ヒストリカルデータ: [無効な URL を削除しました]
* Investing.com: [無効な URL を削除しました]

## 免責事項

上記の情報はあくまでも私の推測であり、投資判断の材料として利用することは推奨しません。投資判断はご自身の責任で行ってください。

## その他

日経平均株価の値動きは、様々な要因によって影響を受けます。上記の根拠はあくまで一例であり、必ずしも将来の株価変動を保証するものではありません。

また、私はAIモデルであり、金融商品取引法に基づく投資助言を行うことはできません。投資に関するアドバイスは、金融商品取引法に基づく登録を受けた投資顧問等にご相談ください。

日経平均株価の今日の動向について、証券アナリストや証券会社の見解をまとめた情報をお伝えします。

**始値から終値までの動向:**
今日の日経平均株価は、始値が**38,823.91円**で、高値は**38,854.99円**、安値は**38,592.94円**でした。終値は**38,617.10円**となり、前日比で**-329.83円**(-0.85%)の下落となりました??。

**証券アナリストの見解:**
米半導体大手エヌビディアの決算が市場予想を上回ったことから、半導体関連株が大幅に上昇しました。これが日経平均株価の午前の終値を押し上げ、前日終値比で**296円38銭高**の**3万8913円48銭**となりました1。しかし、日本企業の利益見通しが低下基調となる中、株価も弱含んでいるとの分析があり、日経平均株価は上値が重い状況が続いています3。

**結論:**
今日の日経平均株価の動向に関する意見は、午前中はポジティブな見方が多かったものの、午後には利益見通しの低下による慎重な見方が目立ちました。終値は下落しており、全体としては下落に関する意見が多いと言えるでしょう。

以上が、今日の日経平均株価の動向と、それに対する証券アナリストや証券会社の見解のまとめです。株価の動きは多くの要因に左右されるため、今後の市場の動向に注目が集まります。ご参考になれば幸いです。

ソース: Bing との会話 2024/5/24
(1) 日経平均株価:指数情報・推移 – Yahoo!ファイナンス. https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O.
(2) 日経平均株価(225種)の日々株価(日足)|時系列データ|株探 …. https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=0000.
(3) 日経平均午前の終値、296円高の3万8913円…エヌビディア決算受け …. https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%8D%88%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%B5%82%E5%80%A4-%EF%BC%92%EF%BC%99%EF%BC%96%E5%86%86%E9%AB%98%E3%81%AE%EF%BC%93%E4%B8%87%EF%BC%98%EF%BC%99%EF%BC%91%EF%BC%93%E5%86%86-%E3%82%A8%E3%83%8C%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%B1%BA%E7%AE%97%E5%8F%97%E3%81%91%E5%8D%8A%E5%B0%8E%E4%BD%93%E9%96%A2%E9%80%A3%E3%81%8C%E8%BB%92%E4%B8%A6%E3%81%BF%E4%B8%8A%E6%98%87/ar-BB1mT83E.
(4) 上値の重い「日経平均株価」、反転はいつか?いまは …. https://news.infoseek.co.jp/article/goldonline_60276/.
(5) 日経平均終値、486円高の3万9103円…半導体関連株が大幅に上昇. https://www.msn.com/ja-jp/news/other/日経平均終値-486円高の3万9103円-半導体関連株が大幅に上昇/ar-BB1mTrH1.
(6) 日経平均株価:リアルタイム推移・最新ニュース – 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/markets/worldidx/chart/nk225/.

googleのGemini(旧Bard)はChatGPTの対抗馬として2023年の3月21日にアメリカとイギリスで一般公開され、2023年5月11日には日本語に対応しました。ものすごいスピードでChatGPTを追い上げていますが、いまだにその回答の正確さや文章構成力などはChatGPTには敵わないといった印象を受けます。(←執筆時は確かに前述のように思いましたが、すでに文章の理解力等はChatGPTを凌駕しているように思えます。さらに現在はGeminiという名称になり、もっと強力なAI力(?)になっているようです。)

ですが、BardにはChatGPTでは実現できない非常に優れた機能があります。その機能とは、「常にWEBから最新の情報を取得し、それを回答に反映する」といったものになります。(現在はChatGPTにも搭載され、限定的に使用できるようになっています。)この機能を用いて、東京株式市場が開催される直前に、その日の始値から終値までが上がるのか下がるのかを予測させてみました。

結論から言うと、WEBから最新の情報を仕入れているとは思えないほど、大昔の株式情報を参考にしていたり、前日の終値さえも把握していない状態で回答案を生成してくれたりと散々な結果でした。うーん・・・発展途上・・・。

ただ、何度もBardを使っているうちに、なんとなくですがBardの仕様のような内部の処理方法のような・・・なんとも言い難いのですが「クセ」のようなものがわかってきました。その「クセ」を考慮した質問を作成し、Bardに当日の日経平均株価が上がるか下がるかを予測させてみました。すると、それなりに市場を把握することができており、悪くない回答を生成するようになってきましたので、その結果を掲載します。

なお、これはただの実験結果の報告であり、私の意思は入っていません。果たしてこれがどれほど参考になるのかわかりません。これを基に投資を行い損害を被ったとしても私は責任を負えません。その点はどうかご容赦ください。ただの「読み物」程度に捉えていただけると幸いです。

余談ですが、ChatGPTに比べてBardはなんだか上から目線な気がします。あまりにもしつこく質問していたら「もう知らねーよ」的なことを言われました。 怒らせたかなぁと思い、「あれ?Bardさん、怒らせてしまいました?」と聞いたところ「私の間違いを指摘してくれてありがとう」と言われました。これは本気なのか嫌味なのかどっちなんだろう・・・。嫌味だとしたら末恐ろしいAIです。

今日の日経平均株価が、始値(寄り付き)から終値(大引け)までにかけて、上昇するのか下落するのかをGemini(google)及びChatGPT(+Bing)に予想させてみました。(8時過ぎに掲載します。)なお、情報量が多いため、記事を折りたたんでいます。
(▼が付いたタイトルをクリックorタップでGeminiとChatGPTの予想が開閉します。)

日経平均ETF株 購入可能株数計算機

投資額に対して、日経平均ETF株を何株まで購入できるかを算出する計算機になります。投資額をボタンで入力すると、昨日の終値と値幅制限値を自動計算し、各ETF株の購入可能株数が表示されます。

なお、ここでは出来高上位の下記6銘柄を採用しました。

  • 【1570】NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ
  • 【1458】楽天ETF-日経レバレッジ
  • 【1579】日経平均ブル2倍
  • 【1357】NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース
  • 【1459】楽天ETF-日経ダブルインバース
  • 【1360】日経平均ベア2倍

毎回スマホの電卓を起動してこの計算をするのが億劫になり、JavaScriptで作成しました。あまり作り込んでいないプログラムですので、エラーがでたらブラウザの更新ボタンで対処願います。

「日経平均ETF株」終値

【1570】円(値幅制限円)

【1458】円(値幅制限円)

【1579】円(値幅制限円)

【1357】円(値幅制限円)

【1459】円(値幅制限円)

【1360】円(値幅制限円)

購入可能株数計算機

【1570】
【1458】
【1579】
【1357】
【1459】
【1360】
投資額 万円

AI予測

Posted by Wert